気軽に治療できる

診察

希望する治療法を伝える

いぼにはいくつかの種類がありますが年齢や性別に関係なくできるものも多いので誰もがかかる可能性のある病気です。それだけでなく、治療が遅れると数が増えたり、大きくなったりする可能性もあるのでできるだけ早く治療をしておくことが大切です。いぼができたことで命に関係するような重篤な症状を引き起こすことは滅多にありませんが、悪化してから治療を開始すると時間がかかったり痛みを伴う状態になっていたりすることもあります。そのため、できていることに気付いた時には治療できるクリニックを探したりして準備を始めておくことをおすすめします。切除する方法は過去には液体窒素を使った方法が一般的で何度かクリニックに通って治療を続ける必要がありました。しかし、今では治療の選択肢も増えて炭酸ガスレーザーなどを使えば、一度の治療でいぼを切除することも難しくありません。今までは治療に時間がかかるという理由で先延ばしにしていた人にとって一度で切除できる治療法ができたことは画期的なことです。また痛みに関しても液体窒素を用いる方法は場所によっては強い痛みを感じることがありました。今は麻酔を使って痛みを感じることなく炭酸ガスレーザーで取り除くことができるので、痛みが原因で治療を受けられなかった人も気軽に施術を受けられます。このように新しい治療法が発展したことで、今までよりも気軽に治療にチャレンジすることができるようになり、人気が高くなってきています。顔など目につきやすい場所でも積極的に治療をする人が増えているのはこういった変化があったためです。いぼの切除を受けたい時には皮膚科や美容外科クリニックなど様々な診療科で治療を行えます。いぼの種類によって適切な治療法に違いがでることもありますし、大きさや深さなどを施術前にしっかりと診察してもらうことが重要です。いぼは皮膚の上に出ている部位だけを切除しても再発をすることがあるので、見えない場所がどうなっているかまで考えて治療法を決めなくてはいけません。皮膚の奥深くまで組織がある時にはしっかりと取り除かないと、残った組織から再発を起こす可能性があります。切除法の中で主流になっているのは炭酸ガスレーザーですが、この方法のメリットは出血を最小限にしながら治療が行えるところです。どの治療法にするかは医師の診察を受けた時に相談をして決めることになりますが、大きなものなどはメスを使って切除したほうが傷跡が残りにくいこともあります。炭酸ガスレーザーを使った治療では穴があいた状態で新しい皮膚ができ上がるのを待たなくてはいけませんが、メスを使って切除した時には傷跡を縫い合わせることもできます。その結果、穴があいた状態ではなく縫合をした傷跡が残るだけになるので、傷の治りも早くなります。大きさや深さなど様々な要素を総合的に判断して治療法を決めることになりますが、自分が行いたいと希望する治療法が決まっている時には診察の時に申し出てみましょう。医師によっては患者側の希望を取り入れて治療法を決めてくれるので、どういった治療法を行いたいかを伝えておきます。希望する方法が適していない時には医師の説明をよく聞いて別の治療法を検討してみましょう。

Copyright© 2019 いぼ切除で悩みを解消しよう!自分に最適な方法が見つかる All Rights Reserved.