場所によって方法を変える

カウンセリング

優先度を決めておく

いぼは体の中の様々な部位にできるので、顔にできたものと足の裏にできたものを同様に扱うことはおすすめできません。なぜならば、足の裏は角質が厚いので液体窒素を用いた冷凍凝固療法を行っても痛みを感じにくいと言われていますが、顔は角質が薄いので強い痛みを感じることがあります。触ってみてもわかるように、顔は皮膚が薄く柔らかいので刺激を強く感じやすい場所です。また傷跡が残ってしまうと最も目立つ場所だということもあるので慎重に治療を行うことが望ましいでしょう。そのため足の裏にできたものと同じような治療法では、綺麗になりにくく治療中も苦痛を感じやすくなってしまう危険があります。足の裏にできたものであれば、従来からよく行われている冷凍凝固療法を試してみるのも良いのですが、顔にできたものは炭酸ガスレーザーを使った治療がおすすめです。炭酸ガスレーザーを使った治療は保険が適応されないので、いぼの大きさによっては切除にかかる費用が高額になってしまう可能性もあります。しかし、治療前にどういった方法を行うのかやかかる費用について医師から説明があるはずなので、まずは診察を受けるために受診してみましょう。美容外科クリニックで事前に受けるカウンセリングは無料になっていることが多いので、いくつかのクリニックでカウンセリングを受けることもできます。医師によって提案される切除法が異なってくることもあるので、比較してみたい時にはカウンセリングを複数受けるのがおすすめです。様々な意見を聞くことで、自分に最適な方法が見つかるでしょう。いぼの切除法を決める時には、まず何を重要視するかを決めておくと迷わずにすみます。経済的な負担を増やしたくない場合や、できるだけ安く治療を行うことを優先させるのであれば、冷凍凝固法が最も安くなることがほとんどです。保険を使って治療できますし、美容クリニックだけでなく皮膚科などでも治療を受けることができます。一度で切除できないことが多く、何度か治療に通わなくてはいけませんが、予算内で治療を受けることができるでしょう。それ以外の方法としては炭酸ガスレーザーなど十分な設備が整っている場所で治療を受ける方法です。美容外科クリニックや美容皮膚科などになりますが、自由診療になるのでかかる費用がやや高くなります。小さなものであれば、そこまで価格に違いがないこともあるので、診察を受けた時に治療費の確認をしておきましょう。この時には施術代だけでなくアフターケアにかかる軟膏や処置代も合わせた価格を確認しておくことが重要です。もしも予算を大幅にオーバーしている時には、分割払いができるかどうかなど支払い方法について詳しく聞いておくと後で役立ちます。価格が高く一括で支払うことが難しい場合でも、分割で支払うことができれば治療を受けることができます。特に傷跡を残したくない場合や通院回数を少なくしたい時には炭酸ガスレーザーを使った方法がおすすめです。治療費が高いと言ってもそこまで高額になることはめったにないので、顔など目につきやすい場所にいぼがある場合には傷跡が残りにくい施術法を選ぶようにすれば後悔をせずにすむでしょう。

看護師

美容のための外科手術

複数の方法で行えるいぼ切除の手術は、自分の症状に合わせたプランを利用できるので便利な方法です。施術を受ける時の費用は数万円程度ですが、高額な支払いになった時は医療ローンを使って負担を減らす方法があります。

診察

気軽に治療できる

新しいいぼの切除法が増えたことにより、時間をかけずに治療を行うことができるようになりました。治療法は患部の状態によって適切な方法が変わってくるので、医師の診察を受けた時に自分が希望する治療法を伝えてみましょう。

鏡を見る婦人

主治医に相談する

いぼができて切除をしたい時には皮膚科や美容外科クリニック、美容皮膚科などにかかりますが、主治医がいる場合には紹介状を書いてもらうこともできます。すぐに切除したほうがいいかを相談するためにも気になる症状が出始めたら受診するようにしましょう。

Copyright© 2019 いぼ切除で悩みを解消しよう!自分に最適な方法が見つかる All Rights Reserved.